totoBIG2等の人が投資信託やってます(旧:妻に内緒で投資信託)

バイ&ホールドのインデックス投資をやりつつ、確定拠出年金ではレラティブストレングス投資で運用中。旧ブログ名:妻に内緒で投資信託

*

確定拠出年金×レラティブストレングス投資【2016年8月】

   

 

そろそろ順位入れ替わりも・・?

梅雨も明け灼熱の季節がやってまいりました。
毎日暑くてたまりませんね。

そんなクソ暑い7月29日のお昼時、日銀が追加緩和を発表しました。
内容的に微妙?なことから、上に行ったり下に行ったり、なんだか忙しかったようですね。

まあ、レラティブストレングス投資的には静観するのみです。

月曜日から8月のスタートということで、恒例の「レラティブストレングス投資」シグナル算出を行いました。
Brexitショックから一気に戻した7月が終わり、シグナルはどのように変化したでしょうか。

それでは7月29日時点の「レラティブストレングス投資」シグナルを確認してみましょう。

 



 

2016年7月29日時点「レラティブストレングス投資」シグナル

順位 リターン平均 資産クラス ファンド名 売買シグナル
1 3.62% 日本債券 三菱UFJ国内債券インデックスファンド BUY
2 3.50% 日本REIT DCニッセイJ-REITインデックスファンド BUY
3 2.88% 海外REIT 野村世界REITインデックスファンドDC BUY
4 -2.93% 新興国株 三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド SELL
5 -5.67% 先進国株 DCニッセイ外国株式インデックス SELL
6 -6.28% 新興国債券 三菱UFJDC新興国債券インデックスファンド SELL
7 -7.32% 先進国債券 三井住友・DC外国債券インデックスファンド SELL
8 -9.29% 日本株 SBI TOPIX100・インデックスF<DC年金> SELL

 

2016年7月29日時点の基準価額で算出したところ、上記のようなシグナルとなりました。

何だか数字が詰まってきました。

海外REITが急上昇

目立つのは「海外REIT」です。
BUYシグナルに転換し、1位・2位のポイントにも急接近しています。

運用指図の締切日まではまだ1週間ありますので、充分逆転もあり得ます。
長らく「日本債券」と「日本REIT」の天下が続いてきましたが、ついにその牙城を崩すのでしょうか!?

もし「海外REIT」が2位以内に食い込んだ場合、3位以下に転落した資産については売却して利益確定、その代金で「海外REIT」クラスの商品に乗り換えることになります。

締切日近くには忘れずに確認する必要があります。

新興国株もジャンプUP

もう一つの注目は「新興国株」です。

前回までの2桁マイナスから急回復。
順位も前回7位から4位までジャンプUPです。

まだまだマイナス圏ですが、この傾向が続けばBUY転換も近いかもしれません。

先進国株」も回復傾向なのも見逃せません。

そしてこのランキングを見ても「日本株」の一人負け状態というのがよく分かりますね・・・。

 

さて、8月の運用指図締切日は8月8日(月)です。

上でも書きましたが、今回は順位変動の可能性が大いにあります。
締切直前には忘れずに再度シグナルを確認したいと思います。

2016年8月の運用指図【仮】

上記「レラティブストレングス投資」シグナルに従い、「」の運用指図としては以下の通りとなります。

新規拠出分

資産クラス ファンド名 割合 金額
日本債券 三菱UFJ国内債券インデックスファンド 50% 11,500
日本REIT DCニッセイJ-REITインデックスファンド 50% 11,500

 

スイッチング(預け替え)

資産クラス 売却ファンド名 買付ファンド名
なし

 

新規拠出分は上位2資産「日本債券」「日本REIT」を50%ずつ(先月と変わらず)。
スイッチングはありません。

 


私はここ↓で確定拠出年金を運用しています。

 

レラティブ・ストレングス投資とは?

私は確定拠出年金を「レラティブ・ストレングス投資」という投資法で運用しています。
何それ?という方は相互リンク先・AKIさんのサイトをご覧ください。
インデックス投資で億万長者

「レラティブ・ストレングス投資」の本家本元はこちらになります。
市原ブログ

簡単に説明すると・・・

  • 資産クラスごとに3か月・6か月・12か月リターンの平均値を算出する
  • 上記算出のリターンが高い上位2資産を抽出して均等投資する
  • 但し、投資するのは基準価額が12か月移動平均を上回っている資産のみとする

3か月・6か月・12か月リターンの平均ということは、より直近のリターンに重み付けした値となります。
つまり直近で相対的に勢いのある資産に乗っかっていこう、という投資法になります。

上位2資産から外れた資産は売却し、その代金で新たな資産へ投資します。
そこそこ売買の発生する投資法なのですが、確定拠出年金なら売却益も非課税となります。
これは相性がいいだろうということで、このような運用を行っています。

 - 確定拠出年金

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【2017年4月】iDeCo×レラティブストレングス投資

  少し物騒になってきましたが・・・ 近頃は北朝鮮やシリアあたりをはじ …

【確定拠出年金】運用商品と指図スケジュール

  レラティブ・ストレングス投資で運用するための整理 前回の記事:「確 …

【SBI証券の個人型DC】信託報酬が最低水準の投信を一挙投入!?

  これを待っていた!本当ならかなり嬉しい すでにかなり話題になってい …

確定拠出年金×レラティブストレングス投資【2016年6月】

  5か月連続でツートップ変わらず 月が替わり「レラティブストレングス …

【仮】確定拠出年金×レラティブストレングス投資【2016年9月】

  かなりの混戦 毎月月初の恒例「レラティブストレングス投資」シグナル …

【2017年2月】確定拠出年金×レラティブストレングス投資

  大接戦! 2月の運用指図締切日は2月12日(日)です。 従ってシグ …

【読書中】ウォール街のモメンタムウォーカー

  レラティブ・ストレングス投資の優位性を立証してくれている 最近ブロ …

【リターン比較】レラティブ・ストレングス投資とバイ・アンド・ホールド【2015年11月】

  2015年11月時点でのリターン比較 私は確定拠出年金を「レラティ …

【2017年1月】確定拠出年金×レラティブストレングス投資

  日本株・先進国株で安泰と思いきや・・・ 2017年も引き続き「レラ …

【確定版!】確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資【2015年11月】

  これで確定!2015年11月の運用指図 ここ数か月、「レラティブ・ …