totoBIG2等の人が投資信託やってます(旧:妻に内緒で投資信託)

バイ&ホールドのインデックス投資をやりつつ、確定拠出年金ではレラティブストレングス投資で運用中。旧ブログ名:妻に内緒で投資信託

*

妻が買ってはいけない投信を買っていた!

   

 

妻と資産運用の話をしました。

ブログタイトルの通り、私は「妻に内緒」で主に投資信託などでへそくりをしています。

しかし、せっかく勉強した投資の知識、妻とも共有したいですし、それをネタに会話もしたいものです。
確定拠出年金を始めたおかげで、堂々と投資の話を妻とできるようになりました。

ですが、会話がイマイチ盛り上がらないんですよね(笑)。

先日ギリシャ危機や中国株暴落がニュースになりましたが、その話を妻としていたところ資産運用の話へと発展しました。

今回は結構有意義な会話となりました。

 



 

妻は元保険外交員です

妻はお金には非常にうるさいです。
無駄遣いやお金にルーズなのをとても嫌います。

すこし窮屈な面もありますが、逆に言えば安心して家計を任せることができます。

私はどちらかと言えばお金にルーズなほうだったので、妻にはだいぶ教育されました(笑)。

妻は元保険外交員で、保険の知識が豊富にあります。
そして無駄遣いを嫌う性格上なのかもしれませんが、元本割れを極端に嫌います。

ですので、うちの金融資産は元本割れのない保険商品(利率は低めだと思います)が中心となっています。

私はそれがちょっと気に入らないのですが(笑)、妻は妻で信念をもって資産運用をしているので、無下に否定するわけにもいきません。

妻が買ってはいけない投信を買っていた!

しかし投信に興味を持った時期もあったようで・・・。

どうも知り合いの銀行員に相談して、銀行で投信を買っていたようです(爆)。
(いくつか買ったようですが商品名は教えてくれませんでした)

トータルでは利益が出ているものの「もう解約しようと思っている」とのこと。

理由を聞いてみると・・・。

  • 購入時手数料が高い
  • 信託報酬が高い
  • 解約するときにも手数料がかかる

ああ・・・。
これは典型的なやつですね・・・。
あの賢い妻がカモられるとは・・・。

ここで私の出番ですね!

 

やっぱり夫婦の会話は大事!

今まで家計のことは妻に任せっきりにしていました。
とてもよくやってくれていると思います。

妻は妻で家計の一切を取り仕切っている自負もあるのでしょう。
私がお金に関して口をはさむことを、あまり快く思っていないようです。

そういう雰囲気もあって、今までほとんどお金に関する話をしてきませんでした。

しかし今回は話の流れもあり、色々と聞き出せたことは収穫でした。

妻は投資信託について、正しい知識・認識を持っていません。
自身の体験から、手数料の高さにうんざりし、悪い金融商品だと判断してしまっているようです。

まずはその認識を改めてもらう必要があります。

いや、その前に、投資信託について正しく知ってもらう必要があります。

すでに悪い投信を買ってしまっている訳ですから、なるべく彼女のプライドを傷つけないように話を持っていかなくてはなりません。

難しいミッションですので、じっくり作戦を練ろうと思います。
がんばろーっと。

 - 投資の話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【第3弾】ぼくのかんがえたさいきょうの投資法を検証してみた【絶対モメンタム編】

  下がってきたら逃げる! 前回検証した「調子乗り投資」は、「相対モメ …

【レラティブストレングス投資】商品乗り換えでスイッチングする?

  商品乗り換えに伴い保有資産のスイッチングをどうするか? 現在、レラ …

初めての投資信託!何を買おう・・・

  遂にへそくりを開始! ようやくへそくり用の銀行口座と証券口座の準備 …

【第2弾】ぼくのかんがえたさいきょうの投資法を検証してみた【調子乗り投資編】

  一番高い資産に乗っていく(前回とは逆) 前回検証した「割安投資」は …

これまでの投資行動を自己評価してみる

  投資を始めてから半年経ちました 今日で8月も終わりですね。 私が投 …

「買ってはいけない投信」から妻を守れ!

  個人的に思い出の多い市ヶ谷。懐かしいな・・・(記事の内容とは関係あ …

【妻に内緒で口座】隠し通すのは無理です

  郵便物の不意打ち攻撃からは逃れられない 私がメインで使っている証券 …

大暴落・大暴騰を捕捉。他は負けても仕方ない?【レラティブストレングス投資】

  本家本元の興味深い言葉 私が確定拠出年金で実践している「レラティブ …

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」に投票しました

  私などが投票していいのか、という気もしますが・・・ 一応投信のこと …

レラティブストレングス投資のメリット・デメリット

  今更ながら改めて整理してみる 私は「レラティブストレングス投資」と …