totoBIG2等の人が投資信託やってます(旧:妻に内緒で投資信託)

バイ&ホールドのインデックス投資をやりつつ、確定拠出年金ではレラティブストレングス投資で運用中。旧ブログ名:妻に内緒で投資信託

*

初めての投資信託!何を買おう・・・

      2015/05/09

 

遂にへそくりを開始!

ようやくへそくり用の銀行口座と証券口座の準備が整いました。
早速、投資信託を買う準備に入ります。

 



 

銀行口座から証券口座へ、リアルタイム入金!

まず、月のへそくり額と決めたウン万円を銀行口座に入金します。
そして、その入金したお金をリアルタイムで証券口座へ移します。

私の場合は楽天銀行なので、楽天証券の口座との間で「マネーブリッジ」という設定をしてあります。
そうすることで、銀行口座から証券口座への入金が、夜間でもリアルタイムに行うことができます。
しかもおまけで楽天銀行の普通預金利率が通常の5倍「0.1%」になるという、とってもお得な設定です。

さあ買うぞ!候補はバランス型の3本

これまで口座の準備などをしながら、投資信託の勉強や情報収集を行ってきました。
初めてということもあり、まずは無難に有名どころのバランス型の投信を買っていこうと思います。

候補はこの3本に絞りました。

しかし、どれにするか決められない。。。

第1候補・世界経済インデックスファンド

とっても人気のバランスファンドです。
最初はこれで決まりかなと思ってたのですが・・・。

株式:債券の比率が1:1。半分債券って、ちょっと多いかなって気がします。
その中でも日本債券が10%、先進国債券が55%、新興国債券が35%。
外国債券って、期待リターンの割にリスクが大きいと言われているのをよく聞きます。

この辺が、ちょっと気になります。

第2候補・世界経済インデックスファンド(株式シフト型)

「世界経済インデックスファンド」の株式比率を高めたバージョンです。
株式:債券の比率が3:1。配分としてはこちらのほうが好みなのですが・・・。

本家「世界経済インデックスファンド」に比べて、少し勢いが弱いかなと感じます。
着実に純資産を増やしてはいますが、若干伸び悩んでいる印象。

また、信託報酬が0.594%(これを書いている時点で)と少しお高めです。

第3候補・eMAXIS バランス(8資産均等型)

これはちょっと面白いなと思います。
8つの資産クラスを均等(12.5%ずつ)に分ける。
日本・海外・新興国のそれぞれ株式と債券、そしてREIT(日本・海外)の8資産になります。

REITをどう捉えるか、だと思います。
12.5%ずつなので、日本・海外合わせて、実に25%をREITが占めるということになります。

私は正直、まだ勉強不足でREITのことは分かりません。
分からないものに投資をするというのもどうなのかな?と思ったり・・・。

で、結局何を買うの?

・・・決めかねています。どれも決定打がない。
まあ、実際はこの3本のどれを選んでも大差はないのかもしれませんが。

次回更新までには決めて、購入報告をしたいと思います!

 - 投資の話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016」に投票しました

  投票資格はある、はず・・・(自称投信ブロガー) 昨年に続き2回目の …

VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)を買い戻しました。

  一度は手放したVTを買い戻しました。 4か月前、totoBIG2等 …

これまでの投資行動を自己評価してみる

  投資を始めてから半年経ちました 今日で8月も終わりですね。 私が投 …

大暴落・大暴騰を捕捉。他は負けても仕方ない?【レラティブストレングス投資】

  本家本元の興味深い言葉 私が確定拠出年金で実践している「レラティブ …

【サテライト投資】個別株から撤退しました

  後悔はなし。この経験は必ず生きるはず。 多分どこかで記事にしている …

「妻に内緒」で「投資信託」うまくいってる?

  投資信託で「へそくり」内緒でできてる? このところ、あちこち迷走し …

高値掴みをした海外ETF ⇒ 売りました!

  買う時期が良くなかった・・・持ち続けるのは危険と判断しました to …

【続報】「買ってはいけない投信」から妻を守れ!

  幕張新都心。ここも思い出の多い場所・・・(記事の内容とは関係ありま …

積立ファンド変更。「へそくり」なのでリスク取ります!

  迷ったときは基本に立ち返る 先月の投資では、バランス型ファンドを組 …

保険に対する妻の考え方

  保険という金融商品の位置づけ 前回の記事「妻が買ってはいけない投信 …