totoBIG2等の人が投資信託やってます(旧:妻に内緒で投資信託)

バイ&ホールドのインデックス投資をやりつつ、確定拠出年金ではレラティブストレングス投資で運用中。旧ブログ名:妻に内緒で投資信託

*

高値掴みをした海外ETFを持ち続けるか?

      2015/05/09

 

勢いで買ったはいいものの・・・

totoBIG当選の勢いで、半ば衝動買いのように投資してしまった海外ETF。
やはりどう考えても高いです。

「このまま持ち続けて大丈夫だろうか」という思いが湧いてきました。

 



 

外貨として長期保有するのは悪くない

やはり最も気になるのは為替相場です。

購入時点で1ドル≒120円。
かなりの円安状態です(数ヶ月前ならだいぶ違ったんですが)。

ETFの値動きよりも、為替の値動きの方が気になって仕方がないです。
個人的には今後130円もあると思ってますが、先のことは分かりませんね。

たとえ一時的に円高の方へ振れても、今後の日本の諸問題(少子高齢化・人口減少による経済縮小など)を考えると、今の水準より大きく円高で落ち着くことはないと思ってるんですが・・・。

また、政策通りインフレが進めば、円の価値は実質的に目減りする訳ですから、外貨で長期保有するのも悪くないとも思います。

とりあえずNISAに移そう!

今更何言ってんだって感じですが(苦笑)

遅ればせながら、先日ようやくNISA口座の申し込みをしまして・・・。
分配金も出ますし、非課税メリットを使わない手はないですよね。

それなら最初からNISAに入れとけば・・・。
はい、衝動買いなんです・・・。待てなかったんです。

手数料とかもったいないですが、NISA枠分は一旦売却して買い直すことも考えてます。

いや〜、我ながらひどいですね。この行き当たりばったり感(苦笑)。

しかし割高であることは間違いない

円安・株高の状況で買ったもの、間違いなく割高でしょう。
リスクは高いです。

損を出す前に引き上げたほうがいいのか?
買いなおすにしても、為替と株価を見極めてからのほうがいいでしょうし。

まあ、いずれにしても、しっかり考えて決めようと思います。

 - 投資の話

Comment

  1. けん より:

    はじめまして、株についてのブログを見ていたらここにたどり着きました。私は大学生で実家暮らしなので親の目が気になります。見つかっても何も言われないと思いますが、できるだけ”こっそり”やりたいと思っており共感しました。記事を全部読んで参考にさせていただきます。更新頑張ってください。

  2. シッピー より:

    けんさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます!
    あまり大したことは書いてないかもしれませんが、もし参考になればうれしいです。
    それより、お若いのに投資に興味があるなんて素晴らしいですね。
    投資は長く続けるほど複利効果がぐんぐん伸びていくので、今から始めたらきっと将来の資産はすごいことになりますよ。
    頑張ってください!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

私は投資家に向いていない・・・だからルールで縛る!

  ここ数か月の迷走で分かったこと 私は性格的に「投資家には向いてない …

【暴落回避策】今は検討をやめています

  暴落回避策の検討を続けてきましたが・・・ インデックス投資は、いつ …

【読書中】ウォール街のランダム・ウォーカー

  恥ずかしながら、読むのはこれが初めてです。 当ブログの記事、最近は …

e-Taxで確定申告!想像より簡単でした

  e-Taxソフトより「確定申告書等作成コーナー」のほうがはるかに簡 …

totoBIG当選金で海外ETF買いました!

  予告通り買っちゃいました・・・ ちょっと「やっちまった」感がありま …

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」に投票しました

  私などが投票していいのか、という気もしますが・・・ 一応投信のこと …

【読書中】ウォール街のモメンタムウォーカー

  レラティブ・ストレングス投資の優位性を立証してくれている 最近ブロ …

妻が買ってはいけない投信を買っていた!

  妻と資産運用の話をしました。 ブログタイトルの通り、私は「妻に内緒 …

これまでの投資行動を自己評価してみる

  投資を始めてから半年経ちました 今日で8月も終わりですね。 私が投 …

今更ながら「投資方針」2015年5月版(へそくり部分)

  「投資方針」ほんとは最初に明文化しておくべきものですが・・・ 私は …