totoBIG2等の人が投資信託やってます(旧:妻に内緒で投資信託)

バイ&ホールドのインデックス投資をやりつつ、確定拠出年金ではレラティブストレングス投資で運用中。旧ブログ名:妻に内緒で投資信託

*

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」に投票しました

   

 

3回目の投票です。

最近は月イチでしか更新できていない当ブログですが、早いもので今年で3回目の投票になります。
(過去2回の投票で“投信ブロガー”判定をされたかどうか不安もありますが・・・)

気が付いたら締切までの最後の休日になっていましたので、取り急ぎ投票を済ませました。

今回投票したファンドはこちらです。

 



 

2ポイント:大和投信「iFree S&P500インデックス」

S&P500に連動する「低コスト」の「インデックスファンド」を出してくれた、ということで2ポイント投票しました。

従来からi-mizuhoや国内ETFでもS&P500連動の商品はありました。

ですが、i-mizuhoは現在の水準ではあまり低コストとは言えませんし、国内ETFは流動性の問題や金額指定の積み立てができないなど使い勝手があまり良くないという欠点を感じていました。

実質コストはまだ出ていませんが、私自身待ち望んでいた商品だったのが投票理由です。

2ポイント:楽天投信投資顧問「楽天・全米株式インデックス・ファンド」

ちゃんと調べたわけじゃないですが、VTI相当のインデックスファンドはなかった認識です。

コストだけ考えれば(ある程度まとまった金額であれば)VTIそのものを買ったほうがお得なのでしょうが、円のまま手軽にVTIを買えて積立設定もできるというのはとても便利だと思います。

これも私自身が待ち望んでいた商品だったので投票しました。

1ポイント:楽天投信投資顧問「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」

ご存知VTのインデックスファンド版の登場です。

これも「楽天・全米株式インデックス・ファンド」と同様の理由で投票しました。

VTといえば、私がガチで初心者だったころ、totoBIG2等の当選金を一括投資した記憶が思い出されます。

まだ自分のリスク許容度も分かっていなかった頃で、かつ初心者にとっては結構大きい額だったため、ちょっとした値動きにも耐えられなくてすぐに売却してしまったという苦い思い出です(笑)。

当ブログの記事にもしていますが、恥ずかしいのでリンクは貼らないでおきます・・・。

 

今回は選ぶのが難しかった

昨今の低コスト化の競争は本当にすごいと思います。

eMAXIS Slim、たわらノーロード、iFree、ニッセイ<購入・換金手数料なし>、など投票したいファンドは数多かったのですが選びきれませんでした。

これらのシリーズならどれを選んでも間違いはないと思います。

そこで、何か新しいところに切り込んでいってくれたファンドという基準と、私の好みが合致したところで選ばせていただきました。

 

 - 投資の話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

【第4弾】ぼくのかんがえたさいきょうの投資法を検証してみた【デュアルモメンタム編】

  シミュレーションは意外な結果に・・・ 前回は「絶対モメンタム」を利 …

これまでの投資行動を自己評価してみる

  投資を始めてから半年経ちました 今日で8月も終わりですね。 私が投 …

【第2弾】ぼくのかんがえたさいきょうの投資法を検証してみた【調子乗り投資編】

  一番高い資産に乗っていく(前回とは逆) 前回検証した「割安投資」は …

保険に対する妻の考え方

  保険という金融商品の位置づけ 前回の記事「妻が買ってはいけない投信 …

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」に投票しました

  私などが投票していいのか、という気もしますが・・・ 一応投信のこと …

口座開設のときだけじゃない!こんな郵便物も届きます

  ETFの分配金関連書類が届きました このところ株式市場が乱高下して …

妻が買ってはいけない投信を買っていた!

  妻と資産運用の話をしました。 ブログタイトルの通り、私は「妻に内緒 …

改めて感じる「インデックス投資の良さ」

  他の投資法を試してみるとよく分かる 私は投資を始めようと思い立った …

【読書中】ウォール街のモメンタムウォーカー

  レラティブ・ストレングス投資の優位性を立証してくれている 最近ブロ …

ぼくのかんがえたさいきょうの投資法を検証してみた【割安投資編】

  きっと誰もが通る道 バイアンドホールドが理に適っていると分かっては …