totoBIG2等の人が投資信託やってます(旧:妻に内緒で投資信託)

バイ&ホールドのインデックス投資をやりつつ、確定拠出年金ではレラティブストレングス投資で運用中。旧ブログ名:妻に内緒で投資信託

*

【2017年9月】iDeCo×レラティブストレングス投資

   

 

ランキングに異変あり

9月の運用指図締切日は9月12日(火)です。

執筆している今は9月10日と少し早いですが、9月のiDeCo×レラティブストレングスの記事を書いてしまおうと思います。(実は8月分の記事を書いていないのですが、、、今更1か月前の記事を上げてもしょうがないので)

ここ何ヶ月か激務が続いているので、おそらく締切日にシグナルを確認して運用指図を行うのは難しいと思います。

そんな事情もあり、先週末9月8日(金)時点のシグナルで確定してしまうことにします。

では9月の「レラティブストレングス投資」シグナルをご覧ください。

 



 

2017年9月8日時点「レラティブストレングス投資」シグナル

順位 リターン平均 資産クラス ファンド名 売買シグナル
1 15.49% 新興国株 三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド BUY
2 8.22% 先進国株 DCニッセイ外国株式インデックス BUY
3 7.99% 新興国債券 三菱UFJDC新興国債券インデックスファンド BUY
4 7.71% 日本株 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS BUY
5 4.82% 先進国債券 三井住友・DC外国債券インデックスファンド BUY
6 1.82% 海外REIT 野村世界REITインデックスファンドDC BUY
7 0.16% 日本債券 三菱UFJ国内債券インデックスファンド BUY
8 -4.35% 日本REIT DCニッセイJ-REITインデックスファンド SELL

 

2017年9月8日時点の基準価額で算出したところ、上記のようなシグナルとなりました。
この結果で、9月分の運用指図を行っています。

今回はランキングに異変があります。

しばらく2位をキープしていた「日本株」が、僅差ではありますが4位まで後退しています。
替わりに2位に上がってきたのが「先進国株」。

そして日本株を抜いて3位にまで上がってきたのが「新興国債券」です。
2位の「先進国株」とも僅差。

新興国の勢いがすごいです。

 

【確定】2017年9月の運用指図

上記「レラティブストレングス投資」シグナルに従い、運用指図は以下の通りとなります。

新規拠出分

資産クラス ファンド名 割合 金額
新興国株 三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド 50% 11,500
先進国株 DCニッセイ外国株式インデックス 50% 11,500

 

スイッチング(預け替え)

売却ファンド 買付ファンド
日本株 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 先進国株 DCニッセイ外国株式インデックス

 

新規拠出分は上位2資産「新興国株」「先進国株」を50%ずつ。

2位が入れ替わったため、転落した「日本株」を売却し、その代金で「先進国株」を買い付けるスイッチングを行います。

リバランスは実施済

以前こんな記事「【iDeCo】リバランスが必要!方法はどうする?」で書いた通り、新興国株の上昇によりポートフォリオの割合がかなり崩れていました。

本来1位と2位の資産で50%ずつの割合のところ、55%・45%くらいの差がついていました。

これについては、先月リバランスを実施済です。
ノーセルでは間に合わない差だったため、売却を伴うリバランスを行いました。
(本来ならこれで一記事書きたかったのですが)

リバランス直後はほぼピッタリ50%ずつのバランスとなりましたが、1か月たった今ではまた既にずれてきています。

まあ、リバランスはそんなに頻繁にやるものではないと思いますし、あまり神経質にならずに、忘れたころにまた見直してみたいと思います。

 


私はここ↓で確定拠出年金を運用しています。

 

レラティブ・ストレングス投資とは?

私は確定拠出年金を「レラティブ・ストレングス投資」という投資法で運用しています。
何それ?という方は相互リンク先・AKIさんのサイトをご覧ください。
インデックス投資で億万長者

「レラティブ・ストレングス投資」の本家本元はこちらになります。
市原ブログ

簡単に説明すると・・・

  • 資産クラスごとに3か月・6か月・12か月リターンの平均値を算出する
  • 上記算出のリターンが高い上位2資産を抽出して均等投資する
  • 但し、投資するのは基準価額が12か月移動平均を上回っている資産のみとする

3か月・6か月・12か月リターンの平均ということは、より直近のリターンに重み付けした値となります。
つまり直近で相対的に勢いのある資産に乗っかっていこう、という投資法になります。

上位2資産から外れた資産は売却し、その代金で新たな資産へ投資します。
そこそこ売買の発生する投資法なのですが、確定拠出年金なら売却益も非課税となります。
これは相性がいいだろうということで、このような運用を行っています。

 - 確定拠出年金

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資【2015年10月】

  2015年10月の運用指図(仮) あっという間に10月になってしま …

レラティブストレングス投資のメリット・デメリット

  今更ながら改めて整理してみる 私は「レラティブストレングス投資」と …

確定拠出年金×レラティブストレングス投資【2016年8月】

  そろそろ順位入れ替わりも・・? 梅雨も明け灼熱の季節がやってまいり …

確定拠出年金×レラティブストレングス投資【2016年7月】

  Brexitショックも一過性? 月日はあっという間に過ぎ去り201 …

今回のプチ暴落でレラティブ・ストレングス投資シグナルはどうなった?

  今回はプチ更新です 珍しく二日連続で記事を書いています(笑)。 今 …

【2017年5月】iDeCo×レラティブストレングス投資

  一気にリスクオンの流れ ゴールデンウィーク明けのフランス大統領選で …

【リターン比較】レラティブストレングス投資とバイアンドホールド【2016年6月】

  2016年6月時点でのリターン比較 私は確定拠出年金を「レラティブ …

確定拠出年金を始めてみよう ⇒ 妻と投資の話ができる!

  大きな節税メリット。使わないのはもったいない! 「確定拠出年金」っ …

【リターン比較】レラティブ・ストレングス投資とバイ・アンド・ホールド【2015年10月】

  2015年10月時点でのリターン比較 私は確定拠出年金を「レラティ …

【リターン比較】レラティブ・ストレングス投資とバイ・アンド・ホールド【2015年11月】

  2015年11月時点でのリターン比較 私は確定拠出年金を「レラティ …