totoBIG2等の人が投資信託やってます(旧:妻に内緒で投資信託)

バイ&ホールドのインデックス投資をやりつつ、確定拠出年金ではレラティブストレングス投資で運用中。旧ブログ名:妻に内緒で投資信託

*

【2017年10月】iDeCo×レラティブストレングス投資

   

 

日本株が猛追

今月も遅くなりましたが、10月のiDeCo×レラティブストレングスの記事をようやく更新です。

10月の運用指図締切日は10月12日(木)でした。

相変わらず仕事が忙しく、平日は帰宅してからシグナルの算出や運用指図の変更を行うのは難しいと判断し、少し早いですが前週末の10月6日(金)時点のシグナルで確定してしまうことにしました。

では10月の「レラティブストレングス投資」シグナルをご覧ください。

 



 

2017年10月6日時点「レラティブストレングス投資」シグナル

順位 リターン平均 資産クラス ファンド名 売買シグナル
1 19.97% 新興国株 三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド BUY
2 15.67% 先進国株 DCニッセイ外国株式インデックス BUY
3 15.20% 日本株 三井住友DCつみたてNISA日本株インデックスファンド BUY
4 8.64% 新興国債券 三菱UFJDC新興国債券インデックスファンド BUY
5 6.33% 海外REIT 野村世界REITインデックスファンドDC BUY
6 5.91% 先進国債券 三井住友・DC外国債券インデックスファンド BUY
7 -0.37% 日本債券 三菱UFJ国内債券インデックスファンド SELL
8 -3.18% 日本REIT DCニッセイJ-REITインデックスファンド SELL

 

2017年10月6日時点の基準価額で算出したところ、上記のようなシグナルとなりました。
この結果で、既に10月分の運用指図を行っています。

一度は4位まで後退してスイッチングとなった「日本株」が急激に追い上げてきています。
2位の「先進国株」ともほとんど差がない状況となっています。

これだけ接戦だと、おそらく日々順位が入れ替わっているような気もします。
実際、この記事を執筆している10月15日時点では既に「日本株」が2位に上がっていました。

そんな中で、たまたまその日に順位が入れ替わっていたためにスイッチングをするのが果たして合理的なのか、という疑問が湧いてきたりもします。

iDeCoのスイッチングは売却→受渡があってようやく買付となるので、一週間ほどロスが発生してしまうのです。
心理的にはなるべくスイッチングはしたくはありません。

ただ、これを回避するためにルールを変えたり裁量の余地を与えてしまったら、それは単なる裁量トレードになり、それこそ合理的な判断などできなくなってしまいます。

その気持ちはぐっと飲み込んで、決めた日のシグナルでスパッと決定してしまうのが良いのだと思います。

 

【確定】2017年10月の運用指図

上記「レラティブストレングス投資」シグナルに従い、運用指図は以下の通りとなります。

新規拠出分

資産クラス ファンド名 割合 金額
新興国株 三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド 50% 11,500
先進国株 DCニッセイ外国株式インデックス 50% 11,500

 

スイッチング(預け替え)

売却ファンド 買付ファンド
なし

 

新規拠出分は上位2資産「新興国株」「先進国株」を50%ずつ。

先月と上位2資産の順位に変わりはないため、スイッチングはありません。

日本株の勢いがすごい

上でも書きましたが、運用指図決定後も「日本株」は上がり続け、現時点(10月15日)では既に「先進国株」を抜き2位にまで上がってきています。

先週のどのあたりで逆転したのかは分かりませんが、運用指図締切日の時点では入れ替わっていた可能性は高いと思います。

一時的に「日本株」は4位まで後退したのでスイッチングで手放したばかりなのですが、結果的にはスイッチングしないのが正解でした。

ただそんなことは事前に分かるはずもないので、やはりシグナルに従っていくしかないのだと思います。

 


私はここ↓で確定拠出年金を運用しています。

 

レラティブ・ストレングス投資とは?

私は確定拠出年金を「レラティブ・ストレングス投資」という投資法で運用しています。
何それ?という方は相互リンク先・AKIさんのサイトをご覧ください。
インデックス投資で億万長者

「レラティブ・ストレングス投資」の本家本元はこちらになります。
市原ブログ

簡単に説明すると・・・

  • 資産クラスごとに3か月・6か月・12か月リターンの平均値を算出する
  • 上記算出のリターンが高い上位2資産を抽出して均等投資する
  • 但し、投資するのは基準価額が12か月移動平均を上回っている資産のみとする

3か月・6か月・12か月リターンの平均ということは、より直近のリターンに重み付けした値となります。
つまり直近で相対的に勢いのある資産に乗っかっていこう、という投資法になります。

上位2資産から外れた資産は売却し、その代金で新たな資産へ投資します。
そこそこ売買の発生する投資法なのですが、確定拠出年金なら売却益も非課税となります。
これは相性がいいだろうということで、このような運用を行っています。

 - 確定拠出年金

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【確定拠出年金】運用指図の締切に間に合わず!

  締切日の直前に順位変動があったものの対応できず 私が確定拠出年金で …

土壇場で運用商品変更! 確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資【2015年5月】

  5月14日の基準価額で「先進国株」が2位浮上 昨日の記事:「確定拠 …

【リターン比較】レラティブ・ストレングス投資とバイ・アンド・ホールド【2015年12月】

  2015年12月時点でのリターン比較 私は確定拠出年金を「レラティ …

確定拠出年金×レラティブストレングス投資【2016年5月】

  運用商品を変更しました 今月はSBI証券・個人型DCに低コスト投信 …

【リターン比較】レラティブストレングス投資とバイアンドホールド【2016年8月】

  2016年8月時点でのリターン比較 私は確定拠出年金を「レラティブ …

【SBI証券の個人型DC】新たに20商品が追加!【ファーストインプレッション】

  遂にキター!期待通り?期待外れ? 先月の終わりころ、SBI証券の個 …

「妻に内緒」で「投資信託」うまくいってる?

  投資信託で「へそくり」内緒でできてる? このところ、あちこち迷走し …

今回のプチ暴落でレラティブ・ストレングス投資シグナルはどうなった?

  今回はプチ更新です 珍しく二日連続で記事を書いています(笑)。 今 …

【リターン比較】レラティブ・ストレングス投資とバイ・アンド・ホールド【2015年11月】

  2015年11月時点でのリターン比較 私は確定拠出年金を「レラティ …

確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資【2015年5月】

  2015年5月の運用指図 4月より掛金(毎月23,000円)の拠出 …