totoBIG2等の人が投資信託やってます(旧:妻に内緒で投資信託)

バイ&ホールドのインデックス投資をやりつつ、確定拠出年金ではレラティブストレングス投資で運用中。旧ブログ名:妻に内緒で投資信託

*

【2017年12月】iDeCo×レラティブストレングス投資

   

 

日本株が強い

早いものでもう12月に入りました。
2017年ラストとなるiDeCo×レラティブストレングス投資の記事更新です。

12月の運用指図締切日は12月12日(火)です。

相変わらずの激務で平日帰宅後の作業は厳しいので、前週末の12月8日(金)時点のシグナルで確定してしまうことにします。

では今年最後の「レラティブストレングス投資」シグナルをご覧ください。

 



 

2017年12月8日時点「レラティブストレングス投資」シグナル

順位 リターン平均 資産クラス ファンド名 売買シグナル
1 15.78% 日本株 三井住友DCつみたてNISA日本株インデックスファンド BUY
2 15.01% 新興国株 三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド BUY
3 13.44% 先進国株 DCニッセイ外国株式インデックス BUY
4 5.26% 先進国債券 三井住友・DC外国債券インデックスファンド BUY
5 5.10% 新興国債券 三菱UFJDC新興国債券インデックスファンド BUY
6 4.79% 海外REIT 野村世界REITインデックスファンドDC BUY
7 0.04% 日本債券 三菱UFJ国内債券インデックスファンド BUY
8 -2.02% 日本REIT DCニッセイJ-REITインデックスファンド SELL

 

2017年12月8日時点の基準価額で算出したところ、上記のようなシグナルとなりました。
この結果で、12月分の運用指図を既に行いました。

ここ数か月強さを見せている「日本株」がついにトップに立ちました。
長い間1位を守っていた「新興国株」が2位に陥落です。

ただ、1位「日本株」にしてもそうですが、これまでに比べると全体的にリターン平均の数字が落ちています。
そろそろ上昇の勢いが弱まってきているのでしょうか。

また、最近密かに注目していた「海外REIT」も今月は6位に下落しています。

注目したそばから下落するという、私のセンスのなさを発揮した感があります(笑)。
やっぱり相場は読めません。

 

【確定】2017年12月の運用指図

上記「レラティブストレングス投資」シグナルに従い、運用指図は以下の通りとなります。

新規拠出分

資産クラス ファンド名 割合 金額
日本株 三井住友DCつみたてNISA日本株インデックスファンド 50% 11,500
新興国株 三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド 50% 11,500

 

順位は入れ替わりましたが、投資対象となる上位2資産「新興国株」「日本株」は変わりません。

先月はノーセルリバランスを実施したため均等割合ではありませんでしたが、今月はまた通常通り半々に戻しました。

 

スイッチング(預け替え)

売却ファンド 買付ファンド
なし

 

上位2資産の入れ替えはありませんでしたので、今月のスイッチングはありません。

 

新興国株の今後は?

長らく1位を守っていた「新興国株」が2位に転落しました。

たまにiDeCo口座にログインしたときにも、「新興国株」の含み益が減ってきていることは感じていました。

アメリカの税制改革法案が可決され、また利上げも進んだ場合、今年初めあたりによく言われていた「新興国から資金が抜け米国に還流する」というシナリオが現実味を帯びてくるのでしょうか。

その兆候が既に出始めているのであれば、新興国株をスイッチングする日も近いのかもしれません。

いずれにしても私にはそのタイミングなどは分かるはずもないので、シグナルに従っていくだけです。

 


私はここ↓で確定拠出年金を運用しています。

 

レラティブ・ストレングス投資とは?

私は確定拠出年金を「レラティブ・ストレングス投資」という投資法で運用しています。
何それ?という方は相互リンク先・AKIさんのサイトをご覧ください。
インデックス投資で億万長者

「レラティブ・ストレングス投資」の本家本元はこちらになります。
市原ブログ

簡単に説明すると・・・

  • 資産クラスごとに3か月・6か月・12か月リターンの平均値を算出する
  • 上記算出のリターンが高い上位2資産を抽出して均等投資する
  • 但し、投資するのは基準価額が12か月移動平均を上回っている資産のみとする

3か月・6か月・12か月リターンの平均ということは、より直近のリターンに重み付けした値となります。
つまり直近で相対的に勢いのある資産に乗っかっていこう、という投資法になります。

上位2資産から外れた資産は売却し、その代金で新たな資産へ投資します。
そこそこ売買の発生する投資法なのですが、確定拠出年金なら売却益も非課税となります。
これは相性がいいだろうということで、このような運用を行っています。

 - 確定拠出年金

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

【2017年1月】確定拠出年金×レラティブストレングス投資

  日本株・先進国株で安泰と思いきや・・・ 2017年も引き続き「レラ …

確定拠出年金の運用法を考える【続き】

  確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資の問題点とは? 前回の記 …

確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資【2015年5月】

  2015年5月の運用指図 4月より掛金(毎月23,000円)の拠出 …

確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資【2015年10月】

  2015年10月の運用指図(仮) あっという間に10月になってしま …

【リターン比較】レラティブストレングス投資とバイアンドホールド【2016年3月】

  2016年3月時点でのリターン比較 私は確定拠出年金を「レラティブ …

【iDeCo】ようやくSBI証券の口座管理手数料が無料になりました!(※無料条件達成)

  月額491円→167円に(長かった・・・) 私はSBI証券でiDe …

【2018年4月】iDeCo×レラティブストレングス投資

  大混戦になってきた! 月イチ恒例だった「iDeCo×レラティブスト …

【確定版!】確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資【2016年2月】

  日本REITを復活させます 今月分の運用指図締切日は2月8日(月) …

確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資【2015年8月】

  2015年8月の運用指図 8月になりました。 毎日暑くてたまりませ …

【2018年5月】iDeCo×レラティブストレングス投資

  動きあり! 毎月恒例の「iDeCo×レラティブストレングス投資」5 …