totoBIG2等の人が投資信託やってます(旧:妻に内緒で投資信託)

バイ&ホールドのインデックス投資をやりつつ、確定拠出年金ではレラティブストレングス投資で運用中。旧ブログ名:妻に内緒で投資信託

*

【2018年5月】iDeCo×レラティブストレングス投資

   

 

動きあり!

毎月恒例の「iDeCo×レラティブストレングス投資」5月分の記事更新です。

5月の運用指図締切日はゴールデンウィークがあった関係で通常より遅い5/16(水)でした。

ランキングは先月から大混戦の様相を呈していたのですが、今月は大きな動きがありました。

それでは2018年5月の「レラティブストレングス投資」シグナルをご覧ください。

 



 

2018年5月16日時点「レラティブストレングス投資」シグナル

順位 リターン平均 資産クラス ファンド名 売買シグナル
1 7.87% 日本株 三井住友DCつみたてNISA日本株インデックスファンド BUY
2 5.41% 先進国株 DCニッセイ外国株式インデックス BUY
3 5.37% 日本REIT DCニッセイJ-REITインデックスファンド BUY
4 3.73% 新興国株 三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド BUY
5 0.39% 日本債券 三菱UFJ国内債券インデックスファンド BUY
6 -0.17% 海外REIT 野村世界REITインデックスファンドDC SELL
7 -0.63% 先進国債券 三井住友・DC外国債券インデックスファンド SELL
8 -2.39% 新興国債券 三菱UFJDC新興国債券インデックスファンド SELL

 

2018年5月16日時点の基準価額で算出したところ、上記のようなシグナルとなりました。
この結果で、5月分の運用指図を既に行いました。

1位は「日本株」で好調をキープです。

そして、ずっと2位以内を守ってきた「新興国株」が遂に転落。
4位となり売却が決定しました。

代わりに2位に入ってきたのは「先進国株」です。
先進国株」は先月は7位まで落ち込み、成績もマイナスでSELLシグナルまで点灯していた状態だったのですが、急回復でジャンプアップしてきました。

3位は先月と変わらず「日本REIT」です。
2位の「先進国株」との差は僅かに0.04%という超接戦。
ほとんど誤差のようなもので、少し日がずれれば順位は入れ替わっていたかもしれません。

【確定】2018年5月の運用指図

上記「レラティブストレングス投資」シグナルに従い、運用指図は以下の通りとなります。

新規拠出分

資産クラス ファンド名 割合 金額
日本株 三井住友DCつみたてNISA日本株インデックスファンド 50% 11,500
先進国株 DCニッセイ外国株式インデックス 50% 11,500

 

上位2資産は「日本株」と「先進国株」。
新興国株」が強い時期が長かったので久しぶりの組み合わせです。

 

スイッチング(預け替え)

売却ファンド

買付ファンド
 
新興国株 三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド 先進国株 DCニッセイ外国株式インデックス

 

4位に転落した「新興国株」を全売却し、その資金で2位の「先進国株」を買い付けるスイッチングを行いました。
スイッチングも久しぶりです。

新興国株は利益確定

スイッチングにより「新興国株」を全売却しましたので、利益確定ということになりました。
率にして約16%ほどの利益です。

iDeCoならこの売却益が非課税となります。

普通なら決して少なくない額を取られるところですが、それがまるまる再投資に充てられるのですから、やはりiDeCoの非課税メリットは絶大です。

新興国株」は本当にいい時期にエントリーできました。
含み益としてはもっと乗っていた時期もありましたが、それでも上々の結果だと思います。

今回はレラティブストレングス投資のシグナルがうまくはまったパターンです。

今月はスイッチングが発生したわけですが、2位「先進国株」と3位「日本REIT」の差は本当に僅かです。
4位以下含めても団子状態です。

こういう時はスイッチングが発生しやすく、その結果失敗トレードも起こりやすいです。

これはレラティブストレングス投資のデメリットの一つですが、必要経費と割り切ってシグナルに従っていきたいと思います。

 


私はここ↓でiDeCoを運用しています。

 

レラティブ・ストレングス投資とは?

私は確定拠出年金を「レラティブ・ストレングス投資」という投資法で運用しています。
何それ?という方は相互リンク先・AKIさんのサイトをご覧ください。
インデックス投資で億万長者

「レラティブ・ストレングス投資」の本家本元はこちらになります。
市原ブログ

簡単に説明すると・・・

  • 資産クラスごとに3か月・6か月・12か月リターンの平均値を算出する
  • 上記算出のリターンが高い上位2資産を抽出して均等投資する
  • 但し、投資するのは基準価額が12か月移動平均を上回っている資産のみとする

3か月・6か月・12か月リターンの平均ということは、より直近のリターンに重み付けした値となります。
つまり直近で相対的に勢いのある資産に乗っかっていこう、という投資法になります。

上位2資産から外れた資産は売却し、その代金で新たな資産へ投資します。
そこそこ売買の発生する投資法なのですが、確定拠出年金なら売却益も非課税となります。
これは相性がいいだろうということで、このような運用を行っています。

 - 確定拠出年金

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

【iDeCo損益比較】レラティブストレングス投資とバイアンドホールド【2016年12月】

  2016年12月時点での損益比較 私は確定拠出年金を「レラティブス …

【確定版!】確定拠出年金×レラティブストレングス投資【2016年9月】

  遂にスイッチング発生! 前回仮確定の状態をお知らせした「レラティブ …

確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資【2015年8月】

  2015年8月の運用指図 8月になりました。 毎日暑くてたまりませ …

【読書中】ウォール街のモメンタムウォーカー

  レラティブ・ストレングス投資の優位性を立証してくれている 最近ブロ …

確定拠出年金の運用法を考える【続き】

  確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資の問題点とは? 前回の記 …

【仮】確定拠出年金×レラティブストレングス投資【2016年11月】

  今月もスイッチング発生! 恒例の「レラティブストレングス投資」シグ …

【2017年12月】iDeCo×レラティブストレングス投資

  日本株が強い 早いものでもう12月に入りました。 2017年ラスト …

【2017年3月】確定拠出年金×レラティブストレングス投資

  接戦は続く 約1か月ぶりの更新になります。 ブログ開設から2年、こ …

【確定拠出年金】初回の買い付け結果と手数料について

  初めての買い付け結果を見てみよう 4月より拠出を開始し、5月中旬に …

確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資【2015年10月】

  2015年10月の運用指図(仮) あっという間に10月になってしま …