totoBIG2等の人が投資信託やってます(旧:妻に内緒で投資信託)

バイ&ホールドのインデックス投資をやりつつ、確定拠出年金ではレラティブストレングス投資で運用中。旧ブログ名:妻に内緒で投資信託

*

突然ネットが遅くなった!まず自分で確認すべきポイント【解決編】

      2016/03/19

 

家の中に問題はなかった!NTT故障窓口に連絡するの巻

前回の記事の続きです。

いろいろと調べた結果、家の中には問題がないことが分かりました。

ネットは遅いわ、ひかり電話にも影響があるわで、不便でどうしようもないので、ここでようやくNTTの故障窓口に連絡を入れました。

ここまで調べたこと、その結果家の中には問題はないであろうことを担当の方に話しました。
まずは訪問調査が必要とのことでした。
まあ、実際に事象を確認したり、私が言っていることの裏を取る必要もあるでしょうし。

「もしお宅の中に原因がある場合、訪問調査は有料となってしまう場合もありますが、同意いただけますか?」

結果によっては7千円?くらいを取られてしまうかもしれないそうです。
しかし自分で調査して問題ないことは確認してますし、同意しないことにはこれ以上先に進めないので、来てもらうことにしました。

 

 



 

【書き忘れ】プロバイダが原因かどうかも調べましょう

一つ書き忘れていることに気づきました。

ネットが遅いのはプロバイダが原因の場合もあります。
まあ、今は昔ほどプロバイダによる速度の違いなどはないのかもしれませんが。

ただ、NTTに連絡すると必ずプロバイダのほうにも疑いを向けられますので、事前に調べておくのが吉です。

うちは「フレッツ光」なので、「サービス情報サイト」というものが使えます。

「サービス情報サイト」とは、プロバイダを介さずに接続できるNTTの情報サイトです。
一昔前は「フレッツ・スクウェア」と呼ばれていて、動画などいろいろなコンテンツが用意されていました。
(今はそういったコンテンツはなくなったようです)

つまり「サービス情報サイト」は速い、通常のネットは遅い、ということなら、プロバイダが原因の可能性が大いにあります。

うちの場合は「サービス情報サイト」も遅かったです。
ということで、プロバイダが原因という線も消えています。

【書き忘れ】pingコマンドで遅さを数値化する

もう一つ、書き忘れていることがありました。

今まで漠然と「遅い」と言っていましたが、多分に主観が含まれるので、どれくらい遅いのかということが伝わりづらいです。

そこで「ping」というコマンドを使います。
我々のようなIT系の仕事をしている方や、ネットワークの知識がある方にはおなじみの、基本中の基本のコマンドです。

コマンドプロンプトを起動して「ping google.co.jp」みたいな感じで打ち込みます(googleでもyahooでも、どこでもいいです)。
するとこんな結果が出ます。

C:\Users\xxxxxx>ping google.co.jp

google.co.jp [216.58.197.131]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
216.58.197.131 からの応答: バイト数 =32 時間 =12ms TTL=54
216.58.197.131 からの応答: バイト数 =32 時間 =12ms TTL=54
216.58.197.131 からの応答: バイト数 =32 時間 =12ms TTL=54
216.58.197.131 からの応答: バイト数 =32 時間 =12ms TTL=54

216.58.197.131 の ping 統計:
パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
最小 = 12ms、最大 = 12ms、平均 = 12ms

 

「時間 =12ms」と表示されていると思います。
これは「google.co.jp」に行って帰ってくるまで12ミリ秒かかった、という意味です。

ネットが遅い場合は、ここの時間が極端に大きくなっているかもしれません。
これで遅さが可視化されるので、この値を故障窓口に伝えると、どのくらい遅いのかということが伝わりやすいと思います。

ちなみにうちの場合は、時間の数値が大きいのではなく、数回に1回程度応答が返ってこない、という事象でした。
「ping -t google.co.jp」(-t を付けるとCtrl+Cで止めるまでpingを送り続ける)で見ると一目瞭然です。
プツプツ断続的に断線しているような感覚です。

上で書いたプロバイダが原因かどうかを調べるときも、「google」と「サービス情報サイト」それぞれのアドレスにpingを送ってみれば、はっきり数字で確認できるので分かりやすいです。

訪問調査の結果、やはり家の中に原因はなし

約束の日に調査員の方がやってきました。

いろいろな機材を使って調べられましたが、やはり家の中に問題は見つかりませんでした。

マンションなので各戸に分配する前の集合装置があります。
宅内の調査を終えた調査員の方はそちらを調べに行きました。

結果、集合装置の一つに問題が見つかったそうで、修理・交換が必要とのこと。
その日の修理は時間・機材的に無理とのことでしたが、後日修理が完了したとの連絡がありました。
帰ってネットに繋いでみたところ以前のような速さが復活していました。
ひかり電話の不具合もそれ以降起こっていません。

ようやく長い戦いが終わりました・・・。

自分でできることはやっておかないと二度手間、三度手間になる恐れも

ここまで色々書いてきましたが、特にすごい情報を書いた、というわけでは全然ありません。
ごくごく当たり前のことを書いているだけです。

いきなり故障窓口に連絡しても、結局今まで書いてきたような調査方法を提案されるだけかもしれませんし、話が通じないと思われればいきなり調査員を派遣されて余計な訪問調査料を取られかねません。

私が故障窓口に連絡したときも「ひかり電話装置を交換して様子を見ましょう」みたいな感じでお茶を濁されそうになりましたし(ひかり電話導入前後でpingが欠ける事象は変わらないと伝えて断りましたが)、「プロバイダのほうにも連絡してみてください」(サービス情報サイトでもpingが欠けると言ったのに)で逃げられそうになったりしました。

電話なので話が通じづらい面はありますが、できる調査は自分でやっておいて、ネタをそろえておいたほうが早期解決に繋がると思います。

長々と書いてきましたが、何か一つでも役に立つような情報があったなら幸いです。
(投資と関係ないネタで随分と引っ張ってしまいました・・・)

 - その他

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ブログ名を変更しました(旧ブログ名:妻に内緒で投資信託)

  旧ブログ名が嫌になりました ブログ開設から一年以上が経過し、(過疎 …

自分が突然死んだときのために。

  残された家族のためにやっておくべきこと ブログタイトルの通り、私は …

【株式会社の決算処理】電子申告は面倒だ!

  第4期決算処理・完了! ここ何週間か、会社の決算処理に忙殺されてい …

へそくり資金「月5万円」の捻出方法

  小遣いは「月2万円」ですが・・・ 先日の記事:『これから結婚する人 …

労働者派遣法改正は「改悪」の部分が大きいと思う【前編】

  これはひどい改正!(IT業界に的を絞りますが) 今回は今話題になっ …

労働者派遣法改正は「改悪」の部分が大きいと思う【後編】

  特定労働者派遣事業の「廃止」でIT業界混乱必至!? 今が旬の話題「 …

これから結婚する人へ・・・「自分で家計を握るべし」

  小遣い制は厳しいよ(笑) たまには投資とは直接関係ない話をしてみた …

突然ネットが遅くなった!まず自分で確認すべきポイント

  サポートに連絡する前に確認しておきたいポイント 数か月前のことです …

あまり気にしてませんでしたが、50記事目みたいです。

  更新ペースはゆっくりですが・・・ 先週は久しぶりに出張に行ってきま …

保険のリターン・我が家の場合(※特殊な例です)

  妻の戦略がハマったケース 前回の記事「保険に対する妻の考え方」の最 …