totoBIG2等の人が投資信託やってます(旧:妻に内緒で投資信託)

バイ&ホールドのインデックス投資をやりつつ、確定拠出年金ではレラティブストレングス投資で運用中。旧ブログ名:妻に内緒で投資信託

*

郵政祭りから帰還。リターンは・・・?

   

 

とりあえずお祭りに参加したくて・・・

先週は日本郵政の上場があって、市場は盛り上がりましたね。

私はサテライト資金の一部でIPOも少しやっているので、せっかくのビッグイベント、とりあえずお祭りに参加したい一心で郵政IPOに申し込みました。

枚数がとにかく多く、さばききれるのか?、公募割れしなければ御の字なんじゃ、みたいな声も多かったようですので、あまり期待していなかったのですが・・・。

 



 

ゆうちょ銀行、かんぽ生命は全滅

あまりの枚数の多さに、申し込んだら全員プレゼントなんじゃ・・・という感覚でいました。
なので全力では申し込まなかったんですね。

そしたら、一週間抽選が早かった「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命」はまさかのオール落選。

かんぽ生命は枚数が少なかったので、当たらないかもな~とは思っていましたが、ゆうちょ銀行まで全部ハズレるとは・・・。

日本郵政は全力で申込み

意外と人気があるんだ!ということで、日本郵政は全力での申込みに方針転換しました。

その結果、みずほ証券で100株、野村證券で100株、合計200株をなんとかゲットすることができました。
ほんとはもっと欲しかったんですけどね~。
まあ、野村は補欠からの繰上当選という奇跡的ゲットだったので、良しとします。
贅沢は言えません。

初値では売らず

もともと初値で売るつもりでいたのですが、上場当日の朝、気配を見ていて予想以上に人気化しそうだったので、初値で売るのはやめ、しばらく様子を見ることにしました。
ただ、お祭りに参加することが目的だったため(笑)、長期で保有するつもりもなく、せいぜい1~2週間程度の保有で適当なところで売ろうと考えていました。

実は初日は指値1799円で売り注文を出していたのですが、一時1775円まで上がり、もう少しで届きそうだったという驚きの展開でした。
まさかここまでは行かないだろう、という値段のつもりだったのですがね。

しかし後でチャートを確認したところ、午後の上げ方がすさまじく、さすがに過熱しすぎなんじゃ・・・という印象を受けました。

2日目で売却、お祭り会場を後にする

これは2日目は調整するだろう(キリッ)と予想した私は(笑)、初日高値1775円の指値で売り注文を出して出掛けました。
始めは少し買われた後で調整が入るのではないかという予想です。

そしたら始値がぴったり1775円で約定していました。

実は、強気に1850円くらいで指しておこうかな、とも考えていたのですが・・・。
それだったら完璧でした。

でも、天井など予測できるはずもありませんし、これからまだまだ上がるかもしれませんが、実質保有まる一日でこれだけの利益が上がれば上々ではないかと思います。

というわけで、税引後約6万円のお小遣いをもらって、お祭りの会場を後にしたのでした。

インデックス投資だけだと味気ないので、たまにはこういうのもいいと思います。
お祭り、楽しかったです。

 - 投資の話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

投資信託買いました!しかし、ちょっと失敗・・・

  この買い方は・・・まさに悪い見本 初めての投資信託購入。 候補を3 …

これまでの投資行動を自己評価してみる

  投資を始めてから半年経ちました 今日で8月も終わりですね。 私が投 …

e-Taxで確定申告!想像より簡単でした

  e-Taxソフトより「確定申告書等作成コーナー」のほうがはるかに簡 …

改めて感じる「インデックス投資の良さ」

  他の投資法を試してみるとよく分かる 私は投資を始めようと思い立った …

妻が買ってはいけない投信を買っていた!

  妻と資産運用の話をしました。 ブログタイトルの通り、私は「妻に内緒 …

【第2弾】ぼくのかんがえたさいきょうの投資法を検証してみた【調子乗り投資編】

  一番高い資産に乗っていく(前回とは逆) 前回検証した「割安投資」は …

【iDeCo】リバランスが必要!方法はどうする?

  気が付いたら資産バランス悪し 私はiDeCo(個人型確定拠出年金) …

【暴落回避策】今は検討をやめています

  暴落回避策の検討を続けてきましたが・・・ インデックス投資は、いつ …

【第4弾】ぼくのかんがえたさいきょうの投資法を検証してみた【デュアルモメンタム編】

  シミュレーションは意外な結果に・・・ 前回は「絶対モメンタム」を利 …

【取引前に絶対に確認してほしいこと】国内株式手数料10万円まで無料(SBI証券、楽天証券)

  素晴らしい改定で国内ETFが身近に SBI証券と楽天証券から相次い …