totoBIG2等の人が投資信託やってます(旧:妻に内緒で投資信託)

バイ&ホールドのインデックス投資をやりつつ、確定拠出年金ではレラティブストレングス投資で運用中。旧ブログ名:妻に内緒で投資信託

*

今更ながら「投資方針」2015年5月版(へそくり部分)

   

 

「投資方針」ほんとは最初に明文化しておくべきものですが・・・

私はまだ投資を始めて3か月ちょっとしか経っていない超初心者です。

何でも新しく始めたことって、楽しくてしょうがないじゃないですか。
最初はいろいろやってみたいじゃないですか。
この3か月はそんな時期でした。
いろいろやっちゃいました(笑)。

そしてようやく落ち着いてきた今日この頃です。

(今更になりますが)このタイミングで、自分に言い聞かせる意味でも、私の投資方針をちゃんと明文化しておこうと思います。

 



 

※資産の性格・目的が異なるため「妻に内緒部分」と「妻公認部分」の大きく二つに分けて記述します。

妻に内緒部分(へそくり)

目的

へそくりを貯める「真の」目的については、ここでは公開しない。
目的の達成/未達にかかわらず、使わなかった分は老後資金として考える。

投資期間

無期限とする。
老後資金としての性格も持たせるため、仮にへそくりの目的を達成したとしても投資は続ける。

投資方法(コア部分)

毎月5万円、インデックスファンドを中心とした投資信託の積み立てを行う。

余裕資金の範囲内で積み立てを行う。
収入減・支出増など状況の変化で余裕資金の捻出が難しくなった場合は、減額あるいは積み立てを中止する。

目的はあれど「へそくり」である。
老後資金を補完する目的もあるが、これがなくなったら生活が立ち行かなくなるものではない。
従ってリスクを多めにとり高リターンを狙う。
目安としては積立元本の50%程度の目減りは想定する。

これらを踏まえ、目標アセットアロケーションは以下の通りに設定する。

  • 日本株:25%
  • 先進国株:40%
  • 新興国株:10%
  • 日本債券:5%
  • 先進国債券:5%
  • 新興国債券:5%
  • 日本REIT:5%
  • 先進国REIT:5%

バイアンドホールドを基本とする。

が、今後、何らかの数字的根拠により暴落の兆候を検知できた場合は、積立資産の一部もしくは全部を現金化して暴落を回避する。
その後、暴落からの回復兆候を検知できた場合は、現金化した資産を再度投資に充てる。
(この点、純粋なインデックス投資とは考えが異なる)

この暴落回避のためのシグナルの研究は今後数年単位でゆっくり時間をかけて行う。
(数年以内に暴落が来たとしても資産が少ないので痛くない)

暴落回避は自分で100%納得できる答えが出た場合のみ行う。
答えが出ない場合は、暴落時でもバイアンドホールドを続ける。

投資方法(サテライト部分)

インデックス投資以外の、様々な投資法の実験的な枠として考える。

財源はtotoBIG当選金の200万円のみとし、追加の資金投入は一切行わない。

気になる投資法の実践、よく勉強した上で個別株・IPOなども視野に入れる。

大暴落発生時は、この資金を使ってバーゲンセールの全力買いを行い、コア部分に組み入れることを考える。

妻公認部分(確定拠出年金など)

長くなったので、後日別の記事として書きます。

 - 投資の話, 投資方針

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【妻に内緒で口座】隠し通すのは無理です

  郵便物の不意打ち攻撃からは逃れられない 私がメインで使っている証券 …

保険に対する妻の考え方

  保険という金融商品の位置づけ 前回の記事「妻が買ってはいけない投信 …

ぼくのかんがえたさいきょうの投資法を検証してみた【割安投資編】

  きっと誰もが通る道 バイアンドホールドが理に適っていると分かっては …

【暴落回避策】移動平均を応用した結果・・・いい感じ!

  移動平均をベースにバックテスト実施中 やりたいことは「下落トレンド …

今更ながら「投資方針」2015年5月版(妻公認部分)

  妻に内緒ではない「投資」もしています。 いやー、最近いろいろと忙し …

郵政祭りから帰還。リターンは・・・?

  とりあえずお祭りに参加したくて・・・ 先週は日本郵政の上場があって …

改めて感じる「インデックス投資の良さ」

  他の投資法を試してみるとよく分かる 私は投資を始めようと思い立った …

高値掴みをした海外ETFを持ち続けるか?

  勢いで買ったはいいものの・・・ totoBIG当選の勢いで、半ば衝 …

インデックス投資は素晴らしい。でもそれだけでいいのか?

  確実に来るであろう下落局面にどう対応するか ここ数年の株価上昇の勢 …

VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)を買い戻しました。

  一度は手放したVTを買い戻しました。 4か月前、totoBIG2等 …