totoBIG2等の人が投資信託やってます(旧:妻に内緒で投資信託)

バイ&ホールドのインデックス投資をやりつつ、確定拠出年金ではレラティブストレングス投資で運用中。旧ブログ名:妻に内緒で投資信託

*

今更ながら「投資方針」2015年5月版(妻公認部分)

   

 

妻に内緒ではない「投資」もしています。

いやー、最近いろいろと忙しくて、ブログ書いている暇がありませんでした。
前回の記事から一週間、これだけ空けたのは初ですね。

でもまあ、あまり無理しても続かないんで、書けるときだけのんびりやっていこうと思います。

前回は「へそくり部分」についての投資方針を書きました。

今回は「妻公認部分」の投資方針です。
妻に内緒ではない投資もやってるんですよ。

 



 

妻公認部分(確定拠出年金)

目的

公的年金をあまりあてにできない世の中になっていくと予想されるため、老後資金の足しにすべく確定拠出年金制度を利用して積み立てを行う。
同時に、確定拠出年金の積立期間における節税効果を享受することも目的とする。

また、妻公認の投資部分を作ることによって、へそくり投資部分をカモフラージュする効果を期待する。
具体的には、投資に関する勉強・作業を妻の前で行っても怪しまれることがない、妻との話題の一つとして投資の話をすることもできる、といった効果である。

投資方法

現時点の身分(2号被保険者)により、当面は個人型確定拠出年金を利用する。
掛金は制度上の限度額、毎月2万3千円とする。

インデックスファンドを中心とした投資信託を利用して積み立てを行うが、確定拠出年金の運用益非課税メリットを生かすため「レラティブ・ストレングス投資」を採用する。

※レラティブ・ストレングス投資の手法など詳しくは以下のリンク先をご覧ください
相互リンク先:インデックス投資で億万長者
相互リンク先:インテリ快適生活術
本家:市原ブログ

手数料の安さ、レラティブ・ストレングス投資に適した投資商品ラインナップなどを考慮し、SBI証券を利用する。

以上

わざわざ「へそくり部分」と記事を分けたものの・・・

確定拠出年金は制度として決まっているため、取り立てて書くことはあまりありませんでした(笑)。

ちょっと変わっているのは確定拠出年金の運用で「レラティブ・ストレングス投資」を採用しているところですかね。
純然たるインデックス投資家の方からすると、こういった運用方法は邪道というか、あまり好ましくは思われないかもしれません。

上にも書きましたが、確定拠出年金の運用益非課税メリットを生かすことが「レラティブ・ストレングス投資」採用の目的です(確かに少し実験的な側面があることは否定しません)。

まあ、手間の割に成果が上がらないようであれば、また考え直したいと思います。


私はここ↓で確定拠出年金を運用しています。

 - 投資の話, 投資方針

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

【第2弾】ぼくのかんがえたさいきょうの投資法を検証してみた【調子乗り投資編】

  一番高い資産に乗っていく(前回とは逆) 前回検証した「割安投資」は …

今更ながら「投資方針」2015年5月版(へそくり部分)

  「投資方針」ほんとは最初に明文化しておくべきものですが・・・ 私は …

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」に投票しました

  私などが投票していいのか、という気もしますが・・・ 一応投信のこと …

【シグナルに変化あり!】確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資【2015年9月】

  これが確定版です!2015年9月の運用指図 久しぶりのブログ更新に …

【レラティブストレングス投資】商品乗り換えでスイッチングする?

  商品乗り換えに伴い保有資産のスイッチングをどうするか? 現在、レラ …

改めて感じる「インデックス投資の良さ」

  他の投資法を試してみるとよく分かる 私は投資を始めようと思い立った …

大暴落・大暴騰を捕捉。他は負けても仕方ない?【レラティブストレングス投資】

  本家本元の興味深い言葉 私が確定拠出年金で実践している「レラティブ …

積立ファンド変更。「へそくり」なのでリスク取ります!

  迷ったときは基本に立ち返る 先月の投資では、バランス型ファンドを組 …

インデックス投資は素晴らしい。でもそれだけでいいのか?

  確実に来るであろう下落局面にどう対応するか ここ数年の株価上昇の勢 …

口座開設のときだけじゃない!こんな郵便物も届きます

  ETFの分配金関連書類が届きました このところ株式市場が乱高下して …