totoBIG2等の人が投資信託やってます(旧:妻に内緒で投資信託)

バイ&ホールドのインデックス投資をやりつつ、確定拠出年金ではレラティブストレングス投資で運用中。旧ブログ名:妻に内緒で投資信託

*

楽天証券が個人型確定拠出年金に参入!

   

 

期待大!商品ラインナップと移換手数料が気になる・・・

このほど楽天証券から個人型確定拠出年金の取扱いを開始する旨のアナウンスがありました。

楽天証券:2016年9月下旬から個人型確定拠出年金の取扱いを開始いたします

現状では手数料と商品ラインナップを考えるとSBI証券ほぼ一択なだけに、楽天証券の参入は新たな競争を生み出すかもしれません。
SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

私も現在はSBI証券の確定拠出年金プランで運用を行っていますが、充分乗り換えの余地があるかもしれません。

それでは現在分かっている情報で比較などしてみたいと思います。

 



 

思いっきりSBI証券を意識した「口座管理手数料無料プログラム」

この記事を書いている7月9日現在、楽天証券の個人型確定拠出年金プランについては多くの情報は出ていません。
まだいろいろと検討中なのでしょう。

公開されているほぼ唯一の情報として「口座管理手数料無料プログラム」が注目の内容になっています。

個人型確定拠出年金は毎月手数料が引かれますが、そのうち運営管理機関(SBI証券や楽天証券)に払う「口座管理手数料」が無料になるという話ですね。

【楽天証券】口座管理手数料無料プログラム

 年金残高 口座管理手数料(月額・税抜) 
 残高20万円以上 0円
残高20万円未満 210円

ご覧の通り、残高が20万円以上あれば口座管理手数料が無料になるという内容となっています。

ちなみにSBI証券も同様のプログラムがあります。

【SBI証券】口座管理手数料

 年金残高 口座管理手数料(月額・税抜) 
 残高50万円以上 0円
残高50万円未満 300円

手数料の金額・無料条件ともに楽天証券のほうが良いです。
後発なので明確にSBI証券を意識して、より有利になる条件を設定してきたという印象です。

<サービス開始記念>口座管理手数料無料キャンペーン!

さらに楽天証券では期間限定ですが全員の口座管理手数料を無料にするキャンペーンも実施するようです。

  • 実施期間 :サービス開始日~2017年12月末まで
  • 対象者  :加入者、および運用指図者
  • 実施内容 :2017年12月末までに発生する口座管理手数料を無料にいたします。

現在の個人型確定拠出年金の拠出限度額は2万3千円です(加入者の資格により異なりますが)。

口座管理手数料が無料になる条件の20万円を超えるまでは最低10か月必要ですが、早めに加入すればキャンペーン期間内に到達することが可能ですので、最初からずっと口座管理手数料は無料でいけることになります。

これは強力ですね。

移換手数料がいくらになるか?

私は確定拠出年金を始めてまだ1年ちょっとです。

現在の残高はやっと30万円を少し超えたところ。
従ってまだSBI証券に口座管理手数料を払っています。

楽天証券に移換すれば、無料条件の20万円をクリアしていますので即座に口座管理手数料が無料になります。
これはすぐにでも移換したい!

しかし金融機関の移換に当たっては手数料がかかることになっています。
まだ楽天証券の情報はありません。
これがいくらになるかが、移換するかどうかの分かれ目になりそうです。

【参考】SBI証券の手数料体系

SBI証券401k手数料

赤枠で囲ったところが移換時にかかる手数料になります。
新規加入と同じだけの手数料が必要ですね。

ちなみに青枠で囲ったところが口座管理手数料です。

商品ラインナップも気になる!

私は確定拠出年金で「レラティブストレングス投資」という手法を実践しています。
(レラティブストレングス投資については過去記事をご覧ください)

そのためには各資産クラスごとに低コストのインデックスファンドが必要です。

4月にSBI証券では取り扱い商品が追加になり、かなり充実してきたところですが、まだまだ資産クラスによっては満足できないものもあります。

楽天証券の発表に期待したいと思います。

移換に当たっての注意

条件次第では乗り換える気満々なのですが、金融機関を変更するに当たってはいくつか注意も必要です。

まずは上記の通り、移換時に手数料がかかること。

それと、保有商品は一旦現金化してから、新たに移換先で買い付ける必要があることです。

おそらくタイムラグは発生すると思いますので、その間の基準価額変動によっては損失となる恐れもあります。
また、信託財産留保額が設定されている商品の場合はそれも引かれることになります。

SBI証券の手数料値下げにも期待

楽天証券がこれだけの条件を出してくると、SBI証券にとっても大きな影響があると思います。
少なくない顧客が楽天証券に流れることになるでしょう。

そのためSBI証券側が楽天証券に追随する形で手数料の値下げなどを行ってくることも期待されます。

個人型確定拠出年金の環境も急速に良くなってきていますね。
まだまだ制度自体の認知度も低いので、これを機会に利用が拡大すると良いと思います。

続報を楽しみに待ちたいと思います!

 - 確定拠出年金

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

土壇場で運用商品変更! 確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資【2015年5月】

  5月14日の基準価額で「先進国株」が2位浮上 昨日の記事:「確定拠 …

【確定拠出年金】初回の買い付け結果と手数料について

  初めての買い付け結果を見てみよう 4月より拠出を開始し、5月中旬に …

【レラティブストレングス投資】商品乗り換えでスイッチングする?

  商品乗り換えに伴い保有資産のスイッチングをどうするか? 現在、レラ …

確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資【2015年6月】

  2015年6月の運用指図 気が付けば6月も1週目が終わっていました …

確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資【2015年8月】

  2015年8月の運用指図 8月になりました。 毎日暑くてたまりませ …

確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資【2015年10月】

  2015年10月の運用指図(仮) あっという間に10月になってしま …

【SBI証券の個人型DC】新たに20商品が追加!【ファーストインプレッション】

  遂にキター!期待通り?期待外れ? 先月の終わりころ、SBI証券の個 …

【2017年3月】確定拠出年金×レラティブストレングス投資

  接戦は続く 約1か月ぶりの更新になります。 ブログ開設から2年、こ …

確定拠出年金×レラティブストレングス投資【2016年3月】

  今月はこれで確定だと思います 久しぶりのブログ更新になります。 し …

【2016年12月】確定拠出年金×レラティブストレングス投資

  トランプラリーに乗り遅れる いつもなら月末に仮のシグナルを算出して …