totoBIG2等の人が投資信託やってます(旧:妻に内緒で投資信託)

バイ&ホールドのインデックス投資をやりつつ、確定拠出年金ではレラティブストレングス投資で運用中。旧ブログ名:妻に内緒で投資信託

*

【第2弾】ぼくのかんがえたさいきょうの投資法を検証してみた【調子乗り投資編】

   

 

一番高い資産に乗っていく(前回とは逆)

前回検証した「割安投資」は、なるべく「割安」と思われるときに多く買って平均価額を下げる戦略でした。
(前回の記事:ぼくのかんがえたさいきょうの投資法を検証してみた【割安投資編】

しかし結果は撃沈(笑)。

結局はパフォーマンスの劣る資産を「割安」と判断して多く買い、パフォーマンスに優れる資産はあまり買わないことになり、成績としては全然ダメダメでした。

じゃあ逆にリターンの高い資産を「優秀」と判断して多く買っていけば儲かるんじゃ・・・?

というのが「ぼくのかんがえたさいきょうの投資法」第2弾【調子乗り投資】です。

では早速検証していきたいと思います。

 



 

直近1年で一番儲かった資産に投資する

やることは前回の「割安投資」の逆です。

直近1年のリターンが最も高かった資産に投資を行います。

こうすることで長期的には成績優秀な資産の割合が多くなり、成績の悪い資産はあまり買わないので割合は小さくなる。
結果、リターンも良くなるのではないか、という狙いです。

前回は割安の判断に12か月移動平均線との乖離率を使いましたが、今回は単純に一番儲かった資産ということで12か月リターン(12か月前との基準価額の差)を使ってみました。

シミュレーション条件

投資金額 月額5万円
投資対象 日本株式(TOPIX)
先進国株式(MSCI コクサイ・インデックス)
新興国株式(MSCI エマージング・マーケット インデックス)
投資期間 1988年12月~2016年3月

各投資対象の指数データをダウンロードし、先進国株式・新興国株式については過去の為替データと突き合わせて円換算したものを使用します(いずれの指数も配当分は含んでいません)。

前回の割安投資は、上記の3資産に毎月1万円ずつ均等投資し、残った2万円について「最も割安と思われる」資産に追加投資する、というものでした。

今回は投資法の効果をより際立たせるため、最もリターンの高かった資産のみに5万円全額を投資することとします。

12か月リターン = 当月の基準価額 - 12か月前の基準価額

この12か月リターンが最も高い資産、つまり最も調子に乗っている資産に投資するということで、名付けて「調子乗り投資」と呼ぶことにします。

よし!
「ぼくのかんがえたさいきょうの投資法」ができた。
これで勝つる!

結果は微妙・・・

まずはシミュレーション結果のグラフをご覧ください。

期間の前半部分は絵的に面白くないので除いてあります。

青い線が元本です。

赤(TOPIX)は日本株式、緑(KOKUSAI)は先進国株式、紫(EM)は新興国株式で、それぞれ全額をその資産に投資した場合の線です。
これで指数ごとのパフォーマンスの違いが分かると思います。

水色の線は3資産均等投資した結果の線(5万円は3で割り切れないことには目を瞑ってください・・・笑)。
これを上回れるかどうかが勝負です。

そして今回検証する「調子乗り投資」のオレンジの線を見てみると・・・。

一応、全期間で3資産均等投資の成績を上回ってはいます。
この点は狙い通りです。

しかし差はあまり大きくありません。
差が開いていっている様子でもありません。

ちょっと微妙ですね・・・。

明確な差がつけばよいのですが、この程度の差だと「調子乗り投資」を採用する根拠としては薄いですね。

相対モメンタム

今回検証した「調子乗り投資」は「相対モメンタム」を利用した投資法になります。

モメンタムとは一言でいうと「株価の勢い」のこと。
ここではリターンが高い場合に「勢いが強い」と解釈します。

今回の「調子乗り投資」はリターンが最も高いもの、言い換えると、相対的モメンタムが強いもの、に投資するということになります。

これは実は、私が確定拠出年金で実践している「レラティブストレングス投資」の戦略の一部です。
「レラティブストレングス投資」における資産の順位付けなどはまさに相対モメンタムと言えます。

「レラティブストレングス投資」は相対モメンタムに絶対モメンタムを組み合わせたデュアルモメンタムという戦略がベースになっています。

今後の検証予定

相対モメンタム効果を利用した「調子乗り投資」は、単体ではイマイチな結果に終わりました。

では絶対モメンタムを利用した投資法はどうなのか?
それらを組み合わせたデュアルモメンタムは?

そしてやはり、バイアンドホールド戦略を採る場合、多少小細工を用いてもリターンに大きな差は出ないだろうということは改めて分かってきました。

であれば売却を絡めた戦略で有効な手法はないか、というのも模索してみたいところです。

 

 

 - 投資の話, 投資法の検証

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

初めての投資信託!何を買おう・・・

  遂にへそくりを開始! ようやくへそくり用の銀行口座と証券口座の準備 …

今更ながら「投資方針」2015年5月版(妻公認部分)

  妻に内緒ではない「投資」もしています。 いやー、最近いろいろと忙し …

大暴落・大暴騰を捕捉。他は負けても仕方ない?【レラティブストレングス投資】

  本家本元の興味深い言葉 私が確定拠出年金で実践している「レラティブ …

【読書中】ウォール街のランダム・ウォーカー

  恥ずかしながら、読むのはこれが初めてです。 当ブログの記事、最近は …

口座開設のときだけじゃない!こんな郵便物も届きます

  ETFの分配金関連書類が届きました このところ株式市場が乱高下して …

【暴落回避策】今は検討をやめています

  暴落回避策の検討を続けてきましたが・・・ インデックス投資は、いつ …

【読書中】ウォール街のモメンタムウォーカー

  レラティブ・ストレングス投資の優位性を立証してくれている 最近ブロ …

【暴落回避策】移動平均を応用した結果・・・いい感じ!

  移動平均をベースにバックテスト実施中 やりたいことは「下落トレンド …

インデックス投資は素晴らしい。でもそれだけでいいのか?

  確実に来るであろう下落局面にどう対応するか ここ数年の株価上昇の勢 …

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016」に投票しました

  投票資格はある、はず・・・(自称投信ブロガー) 昨年に続き2回目の …