totoBIG2等の人が投資信託やってます(旧:妻に内緒で投資信託)

バイ&ホールドのインデックス投資をやりつつ、確定拠出年金ではレラティブストレングス投資で運用中。旧ブログ名:妻に内緒で投資信託

*

VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)を買い戻しました。

   

 

一度は手放したVTを買い戻しました。

4か月前、totoBIG2等が当たった私は、喜び勇んでVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)を買い求めました。

が、1か月もたたないうちに売却してしまったという黒歴史があります(理由は後述)。
※この辺の話は過去記事で書いてありますが、恥ずかしいのでリンクは貼りません!

これには少し後悔の念があったんですよね・・・。

そこへ、先週のギリシャ危機と中国株暴落です。
そこそこ株安・円高ドル安方向に動きました。

おかげでVTの株価と為替が、以前買った時と同程度の水準まで下がってきたんですね。

そこで、思い切ってVTを100株買い戻しました。

 



 

為替リスクを恐れてVTを手放したのに、外国株式クラスは平気で買っている矛盾。

最初にVTを買った時の話です。
当時は投資に関しては初心者オブ初心者といった感じでした(今でも初心者ですが)。

ここ10数年の水準では、かなり円安に振れているのは買う時も気にはなっていました。
それも納得した上で買ったつもりだったのですが・・・。

買ったらすぐに2円ほど円高になりました。
それだけで数万円の含み損になりました。

今なら特に何も感じないと思いますが、当時の私はたいそうビビりました(笑)。
まだ心の準備というか、できていなかったんですね。

これが前みたいに1ドル80円切るような水準になったら、どんだけ損するんだろう・・・。
そんなことを考えたら怖くなってしまった、というのが当時手放した理由です。

それなのに・・・。

その後積み立てていったファンドの中には、普通に外国株式クラス(為替ヘッジなし)が入っているんですね。

米ドル建てのVTのときに感じた為替リスクを、円建てのインデックスファンドでは感じなかった・・・。

私の理解では「為替リスク」という意味では両者は同じなはずです(←間違ってたらご指摘お願いします!)。

それに気が付いたときには、基準価額も上がり、円安も進み、心理的には買い戻しづらくなっていました。

NISA枠を無駄に余らせている

以前VTを買ったときには、NISA口座はまだ開いていませんでした。
その後しばらくして開設し、月々の積み立てをNISAで行っていたのですが・・・。

ちょっと使い方としてもったいないな、とは感じていました。
今の金額で積立ていっても、枠は使い切れないのです。

そして私にはtotoBIG2等の当選金がある。
一括投資しようと思えばできるわけです。

どうしよーかなー、と考えていたところに・・・。

VTの価額と為替レートが当時の水準に戻った

そんな矢先に起きたのが、先日のギリシャ危機と中国株暴落です。
株式市場は大幅に下げ、為替レートも円高方向に進みました。

そこでずっと気になっていたVTの価額を見てみたら・・・。
以前買った時と同水準に戻っているではありませんか。

本来はこういう投資判断をしてはいけないのだと思います。

諸先輩方から見ると「こいつ何やってんだ」と思われることでしょう。

ですが、私の中ではずっと考えていたことで、なかなか踏み出せなかったことなのです。

というわけで・・・

冒頭にも書いた通り、VTを100株買い戻しました。
これにより、本年度のNISA枠をほぼ使い切りました。

自分的には、ずっと考えていたことを実行に移せてスッキリしています。

でも、自分の裁量・感覚で投資判断をしている点は、インデックス投資家としてはあるまじき行為であるとも感じています。

また、これによりアセットアロケーションのバランスが大きく崩れました。
が、投資金額もまだまだ少なく、もともと大部分を株式クラスが占めていたため、早急なリバランスの必要は感じていません。

ついこの間「投資方針」を書いたばかりな気がしますが(汗)、近いうちにアップデートしようと思っています。

 - 投資の話

Comment

  1. 匿名 より:

    VTは、米ドルで、日本円の日本株式を買ったり、ユーロやポンドの欧州株を買い、それを日本円に戻すことで円建てとなります。日本円で、米ドル・ユーロ・ポンドなどの先進国株式を買うのとは異なり、為替変換が複数回行われます。また、米ドルで分配金が出たものを日本円に変換するという行為は、日本円から米ドル変換でVTを買って、日本株式に投資して、分配金がでると、米ドルから日本円に変換します。
    TOPIXのETFによる日本円の配当とは異なり、為替変換が増えますし、アメリカ本土の課税などの対象にもなります。また、VTの日本株式の指数は、そもそも日本には存在しませんので、VTの日本株部分を代用するファンドは日本にありません。厳密に調べれば、まだまだいろいろとあるでしょうが、わからないもの(仕組み)には投資しないという原則に従うと、永遠に不透明な感じがする部分はあります。

    • シッピー より:

      コメントありがとうございます。
      たいへん勉強になります。

      2年前の記事になりますが、この頃だったら頂いたコメントの意味をよく理解できなかったかもしれません(笑)。
      この頃はほんとに投資を始めたばかりで、いろいろ手探りで試行錯誤している状態でした。

      2年経った今ではかなり適当になっていて、細かいことはあまり気にしなくなってきています。
      VTも私の投資対象からは外れています。

      ただ、コメント頂いたVTの日本株部分って、どうしてもそうなってしまうんでしょうけど、かなり為替コストのところで無駄が出るんですね。
      それ考えると日本株部分は普通に投資したほうが効率的なんでしょうが、1本で分散が完了してしまう楽チンさもあるので、結局は好みだってところに落ち着くんだと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

投資信託買いました!しかし、ちょっと失敗・・・

  この買い方は・・・まさに悪い見本 初めての投資信託購入。 候補を3 …

【シグナルに変化あり!】確定拠出年金×レラティブ・ストレングス投資【2015年9月】

  これが確定版です!2015年9月の運用指図 久しぶりのブログ更新に …

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016」に投票しました

  投票資格はある、はず・・・(自称投信ブロガー) 昨年に続き2回目の …

【取引前に絶対に確認してほしいこと】国内株式手数料10万円まで無料(SBI証券、楽天証券)

  素晴らしい改定で国内ETFが身近に SBI証券と楽天証券から相次い …

郵政祭りから帰還。リターンは・・・?

  とりあえずお祭りに参加したくて・・・ 先週は日本郵政の上場があって …

【読書中】ウォール街のモメンタムウォーカー

  レラティブ・ストレングス投資の優位性を立証してくれている 最近ブロ …

高値掴みをした海外ETF ⇒ 売りました!

  買う時期が良くなかった・・・持ち続けるのは危険と判断しました to …

インデックス投資は素晴らしい。でもそれだけでいいのか?

  確実に来るであろう下落局面にどう対応するか ここ数年の株価上昇の勢 …

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」に投票しました

  私などが投票していいのか、という気もしますが・・・ 一応投信のこと …

【サテライト投資】個別株から撤退しました

  後悔はなし。この経験は必ず生きるはず。 多分どこかで記事にしている …